ピュアクレイの正しい洗顔方法・使い方を大公開♪

ピュアクレイの効果的な使い方は?

適量(約4センチ)を手にとって顔に塗り、洗い流します。
普通の洗顔料とちがって、泡だて不要!
時短にもなって楽チンです(^^)

手に取りだしたところ

ピュアクレイで汚れは落ちるの?

ピュアクレイ洗顔&パックは“クレイ洗顔”!
粘土の働きで汚れを吸着、洗い流すことで
お肌がキレイになります。

 

泡洗顔とはちがう仕組みで、お肌の汚れを
落とすのが特徴です。

 

泡洗顔では、泡が汚れをからめとります。
そのとき、泡立ちのための界面活性剤が
必要な皮脂なども洗い流してしまい、
乾燥を招きがち。

 

ピュアクレイ洗顔&パックは、泡立て不要の洗顔料。
プラスイオンの汚れを、マイナスイオンを
帯びた粘土が吸引します。

 

泥に汚れが引き寄せられる仕組みです。

ピュアクレイ説明画像

だから、ピュアクレイ洗顔&パックは
顔に塗って流すだけ。
汚れはすっきり落とされますが必要な皮脂は洗い流されず、お肌のうるおいを保ちます。

 

また、ピュアクレイ洗顔&パックは
余分な皮脂や古い角質を洗い流すので、
角質ケアとしても使えます♪

 

週1〜2回、1分間の洗顔パックとして
スペシャルケアを試してみてください!

 

ツルンとしたふっくら肌を実感しますよ!

ピュアクレイ公式サイト

肌トラブルの原因は?

肌トラブルの原因、多くは「古い角質」と「乾燥」です。

 

とくに30代のオトナ女子は古い角質と乾燥にダブルで襲われがち。
肌トラブルの改善と予防は、
角質ケアと洗顔のセットが大切です。

 

角質ケアを怠った肌は、溜まった古い角質が原因でカサカサしてくすみます。
そして、肌の内部では水分を溜め込むことができずに乾燥してしまいます。

 

女性は28歳を過ぎる頃からお肌の初期老化が始まると言われています。
つまり角質ケアをしないと、古い角質による
乾燥が一気に進行してしまうということ!(><)

 

また、角質ケアと洗顔は肌トラブルの
代表格、ニキビ・毛穴のケアにも必要。

 

ニキビができる原因は、毛穴の出口の角質が古く厚くなること。
それによって毛穴が塞がり、この毛穴の中に皮脂が溜まってアクネ菌が増殖し、ニキビになります・・・。

 

角質ケアを行い洗顔で肌を清潔に保つことで、アクネ菌の増殖を防ぐことができます。
これが、正しいニキビ予防(^^)

 

また、古い角質や乾燥による毛穴悩みも、
角質ケアと洗顔で改善します。

 

毛穴が目立つ原因は「過剰分泌の皮脂」や「厚くなった角質」が原因の汚れや乾燥に
よるもの。

 

角質ケアと同時に適切な洗顔を行うことで、お肌の汚れを落とします。

 

お肌をまっさらな状態にすることで化粧水や乳液の浸透がよくなり、毛穴もうるおいで
満たされます。

 

ただし、洗顔のしすぎによる皮脂の過剰な
洗い落としは「皮脂が足りない」とお肌に
勘違いさせてしまいます。

 

それにより、結局は過剰な皮脂分泌を
誘発してしまうことも・・・。

 

乾燥しない、肌に優しい洗顔を選ぶことが、肌トラブルを改善するポイントです!

正しい洗顔の方法は?

手に取りだしたところ

毎日メイクをするオトナ女子は、
ダブル洗顔が基本です。

 

「乾燥する」と思ってダブル洗顔しないと、肌トラブルは避けられません。

 

乾燥させない洗顔料を選べばいいのです。

 

ピュアクレイ洗顔&パックは、洗顔による
乾燥を招きがちな界面活性剤を含みません。

 

低刺激で乾燥しない洗顔料「ピュアクレイ洗顔&パック」で、清潔なお肌を保つことが
美肌への近道です(^^)

クレンジングと洗顔のちがいは?

クレンジングと洗顔は、汚れを落とす役割がちがいます。
落とす汚れがちがうから、ダブル洗顔が基本なのです!

 

クレンジングは、メイクや日焼け止めを
落とすものです。

 

クレンジングは、ベースに油分を含みます。
理由は、メイクや日焼け止めが油性だから!

 

油性の汚れは油性で落とします。
クレンジング料も、オイルが主流なのは
そのためです。

 

油性のメイクをクレンジングの油分が
浮かび上がらせて洗い流します。

 

そのとき、オイルが包みこめるのは
油性の汚れだけです。

 

洗顔は、お肌に付着したホコリや古くなって剥がれ落ちた角質などを洗い落とします。
泡洗顔は、泡がお肌表面の汚れを絡めとる
仕組みです。

 

クレンジングをしなければ、肌表面に残ったメイクの油分が酸化します。
それが肌の細胞をサビさせて、お肌に深刻なダメージを与えます。

 

また、洗顔をしなければお肌に汚れカスが
積もってしまいます。

その結果、化粧水や美容液の浸透を妨げて
乾燥を招きます。

 

適したアイテムでお肌を清潔にすることが、美肌の基本(^^)
毎日のダブル洗顔で、美肌を作りましょう。

ピュアクレイ公式サイト

ダブル洗顔で乾燥する原因は?

お肌を乾燥させるダブル洗顔、その原因は
界面活性剤です。

 

界面活性剤はクレンジング料、洗顔料に配合されます。
何かと悪者にされがちな界面活性剤ですが、大切な働きがあります。

 

界面活性剤には、油分と水分を混ぜあわせる役割があります。

 

通常、水と油は混ざりあわないもの。
でも、それではメイクを浮かび上がらせた
クレンジングを洗い流すことができません。

 

そこで活躍するのが界面活性剤。
界面活性剤が油分と水分を混ぜるので、
クレンジングを水で洗い流すことが
できるようになります。

 

もうひとつ、界面活性剤の特徴は「泡立ちをよくすること」!
そのため洗顔料に界面活性剤が含まれます。
「泡洗顔」は界面活性剤のおかげで実現するのですね。

 

でも、界面活性剤にはデメリットもあります。
それが「お肌を乾燥させてしまうこと」。

 

界面活性剤は洗浄力が強く、必要な皮脂まで剥がれ落としてお肌の乾燥を招きます。

 

「クレンジング」「洗顔」のどちらにも界面活性剤が含まれると、ダブルパンチでお肌を乾燥させてしまいます。

 

「洗顔しすぎ」「洗いすぎ」で乾燥するのは、
これが原因。

 

界面活性剤は、うるおいを保つために必要な皮脂やお肌表面のバリア機能まで、
洗い流してしまう危険性があるのです。

 

乾燥でお肌が弱ると、新たな肌トラブルを
引き起こしてしまいます。

 

泡立てる洗顔料は、泡立ちをよくするために界面活性剤を含んでいます。

ピュアクレイ説明画像

ピュアクレイ洗顔&パックは
界面活性剤を含みません。

 

水分と油分を混ぜあわせる界面活性剤は、
クレンジング料には不可欠です。

 

だったら、界面活性剤を含まない洗顔料を
選んで乾燥を防ぎましょ♪

 

→界面活性剤は不使用!ピュアクレイはこちら